冬季うつ病の対策

冬季うつ病 ライフスタイル

冬に気分が落ち込むのは冬季うつ病かも?

冬になると気分が落ち込むという方はいませんか?

それは冬季うつ病、別名ウィンターブルーといわれるやつかもしれません!

冬は日照時間が少なくなり、その影響で幸せホルモンの異名を持つセロトニンも生成されにくくなり、うつっぽくなる人が増えると言われています。

日照時間の少なさが影響するため、高緯度地域に多いです。また女性に多く、過眠や過食に陥りやすいと言われています!

冬季うつ病 対策

①朝のウォーキング

セロトニンを作るにはリズム運動が良いとされていて、朝のウォーキングは日光も浴びれて、最高です。朝、弱い人は大変かもしれませんが、やってみる価値ありです。

②笑顔で通勤、お風呂

笑顔になることで、セロトニンが生成されると言われています。通勤中の車の中の時間やお風呂の時間に作り笑顔でも良いので笑顔を作ることで、セロトニンが生成され、通勤も少し楽しくなるかもしれません(笑)

また、年末年始は特番のお笑い番組を観るのもおすすめです。

冬季うつ病対策となる食べ物

またセロトニンはトリプトファンと呼ばれる必須アミノ酸とビタミンB6から作られます。そのため、冬季うつ病対策として、必須アミノ酸とビタミンB6の含まれる食べ物を摂取することが大切です。

 

この両方が含まれる食べ物としてはバナナ、いわし、納豆、豆乳などがあります。気分が落ち込みやすい冬は定期的に食べられることをおすすめします。

 

セロトニンには関しては以下の本に詳しく載ってるのでぜひ参考にしてみてください(^ ^)

f:id:ichiroooojpjp:20181116223640j:image

タイトルとURLをコピーしました