【簡単】良い文章を書く3つのコツ

その他

みなさんは文章を書くとき気にしていることはありますか?良い文章、書けないよと悩んだことありませんか?

この記事を読まれている方は、良い文章を書くために奮闘されている方々だと思います。今日はそんな方々のために少しでもお役に立てればと思います。

良い文章とは人に伝わる文章のことですどんなに内容が良くても伝わらなければ意味がありません。

では伝わる文章を書くためにはどうすればよいか?

それは見直しの方法にあります。しっかりと見直しをして読みやすい文章にすることで伝わる良い文章にすることができます。

今日は「即効!成果が上がる 文章の技術」という本で3つの見直し方法が紹介されていましたのでご紹介します。

良い文章を書く3つのコツ①1日空けてから読み直す

書いた文章をすぐに読み返すのではなく、少し時間をおいてから読むようにしましょう。

少し時間をおくことで同じ物を読むにしても違った視点から読むことが出来ます。違った視点から自分の文章を読むことで、ここ少し変えた方が分かりやすいなあというのが見えてきます。

良い文章を書く3つのコツ②印刷して読み直す

wordなどで書いた文章をそのまま読むのではなく印刷して読むようにしましょう。紙に印刷して読むことで、PC画面とは違った見え方が出来ます。僕も実際にやってみてPC画面のときよりも、間違いが発見しやすい気がします。

少し印刷するのは面倒ですが、大切な文章を書くときにはぜひやってみましょう。

良い文章を書く3つのコツ③声に出して読み直す

黙読するだけでなく声に出して読み返すようにしましょう

声に出して読むことで、読みにくい箇所が分かってきます。あまり大きな声が出せない場合、小声でも効果がありますのでぜひやってみましょう。

まとめ

良い文章を書くコツとしてしっかりと見直しをすることをご紹介しました。

その3つとは

①1日空けてから読み直す

②印刷して読み直す

③声に出して読み直す

 

です。

要はいかに客観的に自分の文章を読めるかがポイントですね。

見直しをして伝わる文章を書くことで読者をうならせましょう。

タイトルとURLをコピーしました