いぶすき菜の花マラソン2020&指宿満喫|登山好き28歳が初挑戦!

ライフスタイル

こんにちは!ふるむらです。

僕は登山が好きで昨年は富士山も登頂しました。

富士山登頂は人生で叶えておきたい目標の一つでした。

そして2020年もさっそく人生の目標の一つであるフルマラソン完走に挑戦してきました。鹿児島にはいぶすき菜の花マラソンという素晴らしいマラソン大会があります。昔から走ろう走ろうと思いながらも中々走れず、ようやく今年走ることが出来たのでその様子をレポートをさせて頂きます。

いぶすき菜の花マラソン 気合の前日入り

鹿児島と指宿を結ぶ道路は少なく、当日は渋滞することが予想されたため、喜入にある友人の家に宿泊させて頂きました。

いぶすき菜の花マラソン 駐車場

いぶすき菜の花マラソンで気になるのが駐車場。公式HP等では公共交通機関で来ることが推奨されています。しかし、会場付近に駐車場もないわけではありません。スタート地点となるふれあいプラザなのはな館周辺にも駐車場はあります。

 

しかし、ここはすぐに満車になることが予想されたため、僕は指宿市役所に駐車しました。市役所から会場までは離れていますが、無料のシャトルバスが運行していました。もちろん帰りもこのシャトルバスに乗って帰りました。

いぶすき菜の花マラソン 受付

会場に着いたらまず事前に送られてくるはがきを持って受付に行きましょう。

受付に行くと参加賞引き換え券を貰えるので参加賞をもらいましょう。

参加賞はちなみにTシャツです↓

菜の花マラソン

 

そして、次は受付のときにもらったゼッケンを着けましょう。ゼッケンは絶対に着けないといけません。なぜならゼッケンにはICタグが付いていて、これを元に記録が計測されるからです。

 

そしていよいよ本番。自己予想タイムごとにスタート地点がことなります。僕は5〜6時間ぐらいのとこに並びました。そしてついにスタート!!

しかし5〜6時間地点では中々スタートすることは出来ません。ようやく5分くらいたってからスタートすることが出来ました!

いぶすき菜の花マラソン 印象に残っていること

いぶすき菜の花マラソンで印象に残っていることを何点かお伝えします。

①アップダウンが多い

これは事前に聞いていた情報ですが、下り坂や上り坂が本当に多かったです。後半付近になると、上り坂ではほとんどの人が歩いていましたW

②差し入れが多い

沿道で飴やチョコレート、飲み物などを配る人がめちゃくちゃたくさんいました。せっかくなので僕は出来る限り受け取るようにしていたら、タイムがかなり遅くなってしまいましたw

③音楽演奏している人がいる

道の途中で「ロッキー」や「負けないで」を歌ったり、太鼓を叩いている人たちが数多くいました!そのおかげで気分もあがり、楽しく走ることが出来ました!

いぶすき菜の花マラソン ゴール

僕はなんとか走り切ることが出来ました!タイムは6時間23分。決して早くはないですが、完走が目標だったので十分に満足しています。富士山と比べると、フルマラソンの方が3倍くらいきつく感じました。

ゴールをすると完走証がもらえて写真も撮ってもらえるので忘れないようにしましょう!

いぶすき菜の花マラソン

いぶすき菜の花マラソン 気をつけること

イヤホンを付けて走るのは禁止

イヤホンを付けて音楽を聞きながら走りたい気持ちがよ〜く分かるのですが、安全のためイヤホンをつけて走ることは禁止されているので気をつけましょう。

最初の給水所まで中々遠い

最初の給水所に到着するまで8km くらいかかります。だから最初はある程度水分補給してから走るようにしましょう。

いぶすき菜の花マラソンにきたついでに

せっかくいぶすき菜の花マラソンまでこられたのならぜひとも指宿を堪能されてから帰ると良いでしょう。

砂蒸し風呂の様子です。体の老廃物が抜けていくような気がします。1000円くらいで入れます。

ちなみに僕はさゆりという砂むし風呂に行ってきました。

さゆりHP

 

また唐船峡もおすすめです。冬でもやっていて、冬限定の温かいメニューもあるので良かったら行ってみましょう。

唐船峡

 

あと開聞岳の麓にはキャンプ場もありますので、そこで前日泊まられるのも良いでしょう。

開聞岳 キャンプ場

タイトルとURLをコピーしました