日本作業療法学会|参加時お役立ち情報|服装は?費用は?

作業療法 学会 作業療法

先日、福岡で行われた日本作業療法学会に行ってきました。日本作業療法学会は作業療法の学会の中では最も大きな学会です。

 

でも初めて参加される方は、服装はどうすれば良いの?参加費用はいくらかかるの?抄録集はどうやって見るの?など悩まれることもあるかと思います。

 

そこで、今回は学会参加経験の少ない方にとって有益となる情報を集めました。学会参加の際に参考になれば幸いです!

日本作業療法学会参加の際の服装は?

学会に参加する際の服装に関して特に決まりごとはありません。全くの普段着の格好で来る人もいます。

 

しかし、8割くらいの人はスーツ、あるいはそれに準ずる格好で来ます。また発表者の方の99%はスーツです!

 

そのため、もし迷ったときにはスーツを着ていくと問題はありません。また、夏場は暑いのでクールビズスタイルで大丈夫です。ノーネクタイ、ノージャケットでも浮くことはありません。

日本作業療法学会に参加する際の必要な持ち物は?

学会参加する際にはそれほど持ち物はいりませんが、以下の持ち物は携帯しておくと便利です。

▼電子会員証(受付の際に提示を求められる場合がありますので、すぐに提示出来るように

しておきましょう)

▼スマホ(学会アプリを見るのに必要)

▼事前参加登録確認書(事前参加登録した場合は、印刷して持参すると手続きが楽です)

▼筆記用具、メモ帳

▼名刺(学会では名刺交換が度々行われます)

▼カメラ(撮影可能なポスターもあります)

▼ポスター(ポスター発表する方)

▼USBメモリ(口述発表する方は、データを入れて持参しましょう)

日本作業療法学会の参加費用は?

日本作業療法学会に参加するには費用がかかります。日本作業療法士協会の会員(正会員)の場合は、次の通り費用がかかります。

事前登録:12,000円

当日登録:15,000円

1日参加:8,000円

もし、2日以上参加されるのであれば、事前登録をしておいた方がお得ですね。事前登録は学会当日の約1ヶ月前まで可能なので、2日以上参加される場合はお忘れなきように!

 

ちなみに、作業療法士でありながら日本作業療法士協会の会員でない方は原則学会参加出来ないのでご注意を!

 

ちなみに、一般の方や多職種の方でも参加可能です。参加費用はかかりますが。

日本作業療法学会の抄録集はどこから見れる?

発表内容がまとめられた抄録は日本作業療法学会のHPまたはアプリから見ることが可能です。アプリは無料インストール可能です。app storeあるいはplayストアで「日本作業療法学会」と検索すれば出てきます。

 

アプリではマイスケジュールを作成可能であったり、検索機能が充実していたりと大変便利なので、ぜひご利用ください。

日本作業療法学会は途中入室、退室可能?

日本作業療法学会では様々な会場で同時間帯に発表が行われています。そのため、見たい発表が同時間帯に重なった場合には途中退室し、会場を移動し、途中入室しなければなりません。

 

途中退室、途中入室は可能ですが、他の聴衆や発表者の邪魔にならないようにしましょう。そのためには発表途中で離席するのではなく、なるべく発表が終わってから席を立つようにしましょう。そして、途中入室する際も発表と発表の間で行うのが望ましいです。

日本作業療法学会で質問するときには?

発表の中で分からないことがあったときには、発表後に質問タイムが3分間設けられているので、そのときに質問を行いましょう。

 

質問する際には、まず所属と名前を名乗ってから、質問するようにしましょう。また質問が2つ以上ある場合には1つ1つ質問するようにしましょう。

 

2つ以上同時に質問されると、発表者が質問内容を忘れてしまう恐れがあるためです。質問内容を聞き返すときに時間が経過してしまい、時間のロスに繋がってしまいます。

日本作業療法学会 参加時お役立ち情報 まとめ

今回は日本作業療法学会に参加する際のお役立ち情報をまとめました。今回の情報の中には日本作業療法学会参加時のみならず、他の学会に参加する際にも役に立つものもあると思います。

 

しっかり1つずつ準備して、有意義な学会参加にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました