何が介護職場での満足感に繋がるのか?

未分類

日本において介護需要は急速に増え続けていますが、介護業界は離職率が高いことで知られています。介護現場では休みが取りづらかったり、自分の納得のいく介護が実践できなかったりして、ストレスを感じやすい業界であるといえます。

介護職場での悩みについては以前ブログや動画で解説しましたが、今回は逆にどんなことが介護職場での満足感に繋がるのか書いていきたいと思います。

 

介護職場での満足感につながること 第一位:利用者の役に立てたとき

介護職員はもともと利用者の役に立ちたいと思ってこの業界に飛びこんできました。しかし、なかなか本当に利用者の役に立てたという実感を抱く機会というのは少ないです。人数が少なく、業務に追われる中で、自分の納得のいく介護を実践できることは難しいです。そような状況の中でも同僚と協力しながら、利用者が心から喜んでくれる介護を実践できたときには、安堵の気持ちが湧き上がってきます。大切なのはただ業務をこなすことではなく、利用者に喜んでもらえることです。それが出来るようになるには、技術の習得や仲間との意思疎通が非常に重要になってきます。経営者は利益重視のみに陥らず、利用者の役に立てる介護を実践できる環境整備をしていかなければならないと考えます。

介護職場での満足感につながること                第二位:仲間と納得のいく意思疎通が図れたとき

介護の業界はずっと同じ職場で働く人が少なく、どこか別の職場を経由してきた方が多いです。そのため経験や持っている技術も異なることが多いです。介護はなるべく統一した方が利用者も安心して受けることができ理想的ですが、中々実践できていないのが現状です。統一した介護を実践するためには情報共有や意見交換が必要となってきます。しかし、毎日人数が少ない中で介護を実践していくと、そのような時間が取りづらく、またお互いに心の余裕がなくなり話しかけづらくなります。そのような過酷な状況の中でも意識して時間をとり、意思疎通を図り、よりよい介護を実践できたときには大きな喜びを感じます。中々簡単なことではありませんが、相談や意思疎通のしやすい職場作りは介護の満足度を深める上で不可欠であると思います。

介護職場での満足感につながること                第三位:働きやすい職場環境が整っていること

介護職場では業務量は多いのに人手が中々足りないことが多いです。そのような状況では自分の納得のいく介護は実践できません。また有給休暇や休憩も取りづらく、利用者の状態によっては残業も余儀なくされることもたびたびあります。よりよい介護を実践していくためには、よりよい職場環境を整える必要があります。例えば十分な人員配置に務める、本人の希望に応じて休みを取りやすくしたり、残業が発生したときにはその分他の日に早く帰れるようにするなどの方策が取られることで、仕事がやりやすくなり、自分たち職員が大切にされているのだと喜びを感じることができます。

介護職場での満足感につながること まとめ

今回はどのようなことが介護職場での満足感につながるのかご紹介させて頂きました。

第三位:働きやすい職場環境が整っていること

第二位:仲間と納得のいく意思疎通が図れたとき

第一位:利用者の役に立てたとき

このほかにもたくさん満足感を得られる要員はあると思うので、もしよろしければ皆さんの意見もお聞かせください。それではご覧頂きありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました